借入には貸金業者による審査が必要です


貸金業者からの借入を行なう際には、申し込み金融商品ごとに審査が必要になります。有担保ローンだけでなく、証書貸付や無担保カードローンなど、それぞれの金融商品ごとに審査条件が変わるので、申し込み前に借入目的と金利だけでなく、申し込み条件に合っているか確認しておく必要があります。有担保ローンは、担保となる不動産や証券などの金融資産の評価額に対して貸付金額が決まるので、担保として差し出す金融資産の額を越える借入は出来ません。審査にも1週間以上かかることは珍しく無いので、多額を一気に低金利で借入を行なう際に用いられる方法です。貸金業者にとっても、担保となる資産評価に時間を費やすことになるものの、無担保ローンよりも回収率が高くなるので、金利を低く抑えることが可能になります。資金の使用用途が限られていて、追加借入が原則として出来ない証書貸付ならば、比較的低金利融資を行なっても回収率が下がらない傾向にあります。審査を行なう際には、資金の使用用途と返済能力をバランスを見ながら確認する作業を伴うので、やはり即日審査完了とはならないでしょう。

最も早く審査が完了するのは、無担保ローンとしてカードローンを契約する場合です。銀行だけでなく消費者金融からの借入も可能ですが、利用限度額が無担保となるためにさほど大きく設定されません。消費者金融については、貸金業法に基づく総量規制の影響を受けるので、年収の1/3以内という借入制限が適用されます。審査段階で個人信用情報機関の情報から実際の利用限度額を設定するので、無担保ローンノウハウを持っている貸金業者ならば、即日審査を行なうことが可能です。利用目的と金額にあわせて、申し込み先を選ぶことが無理な借入を行わずに済む方法となります。低金利を重視するのか、利用限度額を重視するのかは、申し込みを行なう本人が返済計画を立てながら決めることです。有担保ローンほど時間がかかり、無担保ローンならば利用開始までの時間が短くなるでしょう。

 

消費者金融の借入可能額


消費者金融のフリーリーンには、通常最低の融資額と同時に融資上限枠が設けられています。最低融資額はどなたにも適用されますが、融資上限枠に関してはどなたでも上限枠いっぱいまで借入ができるというわけではありません。審査によってそれぞれの上限が決められてしまうからです。たとえば、融資上限が800万円と謳われていても、人によっては融資上限が100万円だったり、500万円だったりと変わります。融資上限の800万円まで借入が可能な人はそう多くはありません。なぜそうなるのかというと、消費者金融としても利用者の収入や他の金融機関からの借入状況を審査し、その上で返済可能額を判断して上限を決めてくるからです。年収が300万円の人が、500万円の融資を受けるということは、返済のことを考えると現実的ではないわけです。また、そもそも消費者金融から借入するときは総量規制という法律が適用されるので自ずと上限が決まってしまいます。総量規制では年収の3分の1までを上限としています。年収が300万円であれば上限は100万円ということです。

もし他の消費者金融からすでに50万円借入している場合は、その額もカウントされるために、残りの50万円までしか借入することができません。年収の3分の1までということは、年収の3分2というのが普通に生活をしていくギリギリの線ということなのでしょう。もしこれ以上を借入すると、返済が滞ったり、返済不能に陥ってしまったりする可能性が高くなります。それを防ぐために総量規制が設けられています。ところで銀行のカードローンには、この総量規制は適用されません。しかし、銀行は審査が厳しく、やはり年収の3分の1以上の借入は難しいと考えるべきでしょう。特に、住宅ローンや自動車ローン、あるいは教育ローンなどを組んでいるような場合は、新たにローンを組むと返済が追い付かなくなる可能性が高いので注意しましょう。

 

カードローンの借り換えを推奨するわけは

 

カードローンの審査で重視されるのは稼ぎや経歴ですが、昔の借り入れが問題視されることも当然あります。以前の借り入れに関しては、JICC(日本信用情報機構) などに記録されているので、誤魔化そうとしても無駄です。基本的に、フリーローンの申請に担保は無用ですが、より高額を低金利で借用するという際には、担保を準備しなければならないこともあると知っておいてください。どの業者のカードローンがお得なのか比較するという時に、押さえておくべきポイントは「無利息が適用される期間はどの程度か」、「当日振込が可能なのか」、「収入証明書を準備しなくても申し込めるかどうか」の3点です。審査がスピーディーで、その場でキャッシングできる消費者金融をランキング順に掲載しております。「現金の持ち合わせがない」といった状況で、短い時間で現金を得ることができるのはありがたいものです。消費者金融では、定められた金額以上の借り入れを申し込む時は収入証明書が必要不可欠です。「収入証明書が要因で周囲に見抜かれてしまうのではないか?」と心配する人も珍しくありません。近頃のキャッシングは多機能で、即日融資にも対応できるようになっています。しかしながら、申し込みを入れた日にお金を借りることを望むなら、「ネット申し込み限定」など、いくばくかのルールが設定されているので、まず確かめておくことが大切です。

よく耳にする総量規制とは、「貸金業者が一般の消費者に過度の貸付を行なわないように!」という意味合いで、「個人の総借金額が年収の3分の1を上回ってはいけない」というように規制した貸付のルールとなります。「月給日の直前に急に友人に呼び出された」などでお金が必要になったという場合は、無利息で借り入れできる消費者金融が何個かあるので、そこを利用するのがベストです。キャッシングに導入されている即日融資に関して、人気の会社の紹介や現金を手に入れるまでのプロセス、返済をする際の留意点などを単純明快にまとめました。上限金利を確認して、低い金利水準だと言える順に消費者金融をランキングにしてみました。「僅かでも返済額を抑制したい」と言われる方は、看過することなくご覧になることを推奨します。おまとめローンを組む目的は、高金利の金融機関から低金利の金融機関に借り換えることによって、一回あたりの返済額を減らすのは言うまでもなく、返済総額の引き下げを現実化するということだと言って間違いありません。

キャッシングの申込方法としては、郵送により申し込みするものと電話により申し込みするものの2つがあるわけですが、近頃はパソコンや携帯などを使って、ネット上で申し込みを行う方法が普通になっています。カードローンの金利を比較したいと言うのであれば、「上限金利」と「下限金利」の2種類に分けてから別々に行なうことが必須です。と言いますのも、金利は「借りた金額次第で決定される」というものだからです。おまとめローンを組むとき、いの一番に「どこで借り入れるのがベストなのか?」と思い悩むと思いますが、差し当たり銀行系を選択肢にすれば失敗する確率は低くなります。カードローンの借り換えを推奨するわけは、言わずもがな低金利になることです。基本的に一回契約を交わしたカードローンの貸付金利は、途中からはたやすく下げてもらうことはできません。